■HOMEへ戻る■

■光熱費の節約

電気代を節約しよう
水道代を節約しよう
ガス代を節約しよう
灯油代を節約しよう

■食費の節約■
食費について
飲み物はヘルシーに

■貯金のススメ■
我が家の妄想貯金
貯金を増やす方法
貯金のアレ、気にしてる?
貯金箱ってイイヨ!

■オシャレも節約■
化粧品無料サンプル
洋服代を節約しよう
100円ショップを利用

■住居費の節約■
賃貸物件で節約
将来持ち家が欲しい

■遊びも節約■
レジャーで節約
安く遊ぶ!家族編
安く遊ぶ!友達編

■ネットで稼ぐ■
懸賞応募でお得
お得生活を始める準備
ポイントサイトでお得
アンケートサイトでお得
アフィリエイトでお得

■結婚式でも節約■
節約結婚式(1)
節約結婚式(2)
余興はどうする?

■住宅購入で節約■
我が家の住宅購入

■その他の節約
確定申告に行こう
資産運用を考える
保険を見直す

■節約海外暮らし■
私のカナダ生活
海外に行く準備
海外に着いたら・・
私のカナダ生活
節約★海外暮らし
>>HOMEへ戻る  >>私のカナダ生活
海外に着いたら・・・
海外についてまず一番最初に地図を手に入れましょう。そして自分の生活圏と思われるところに治安が悪い地区があるならばその情報も手に入れましょう。
もし可能なら治安が悪いと言われている地区の近くまで行ってみる事をオススメします(あくまでも近くです。絶対にその地区に足を踏み入れてはいけません!!!)

なぜこんなことを言うかというと、「治安が悪い所の地名やストリート名を知っていても場所が分からなければどうしようもない」からなのです。
バンクーバーの場合、Gastown(私の通っていた学校があった場所)からHesting St、チャイナタウンにかけてが昼間でも治安が悪い場所と言われています。
私もバンクーバーに来る前から情報として知っていたし、「絶対に行かないようにしなくちゃ!」と思っていました。

なのに、ある日1人でその地区に足を踏み入れてしまったのです。

学校があったGastownという場所は「観光客なら必ず訪れる」という超観光スポット。
そこはたくさんのお土産屋が並び有名な蒸気時計があって、平日であってもいつも観光客で賑わっている平和そうな場所です。
だけど、なんと!!そこから徒歩5分程で治安が一番悪い場所に到着しちゃうんです。

私の場合も観光地を散策しているつもりがいつの間にか危険地域へ足を踏み入れてしまいました。「なんだか人通りが少ないなぁ」とか思うには思ったのですが、自分が聞いた「治安が悪い場所」がこんなに観光地と隣接してるなんて思いもしなかったし、情報を持っていた自分がそんなところに迷い込むなんて考えもしませんでした。

何も無かったから「あれは怖かったなぁ」と笑っていられますが、何かがあってからじゃ本当に遅いです。
危険な地区の情報はもちろんですが、自分の生活との距離感を掴んでおく。「知ってる」事で安心しない・・・・・というのが重要だと思います。

交通機関の確認
自分が滞在する場所の近くに駅があるかどうかやバスが通るか・・・・と言うのは要確認です。
学校に通ったりする場合は定期券があるかどうか、それはどこで買えるのか?という事も必要だと思います。
私の場合はお世話になった家から徒歩15分くらいでスカイトレイン(無人の電車みたいなやつ。ゆりかもめに近いのかな??あれは)で通学してましたので、毎月(たしか月初め)セブンイレブンでバスパスと呼ばれる定期券を購入してました。

銀行に口座を作る
数ヶ月滞在する場合はどうしても持っているお金の額が大きくなります。無くしたり盗まれてからじゃ遅い!すぐに銀行へ預けましょう。
私の場合はカナダに着いてすぐにTD Canada Trustの口座を開設しました(バンクーバーであれば日本人カウンターがあるので簡単に開設できますよ)
ただし、最初の開設以外は基本的に英語でのコミュニケーションとなります・・・・・初めて窓口に行った時は変な汗をいっぱいかきました・・・・・。
日本に帰るときは口座を閉めるのを忘れないように!(口座を閉める時、「記念にキャッシュカードくれ」と言ってみましたが見事に断られました←当たり前)

語学学校を探す
語学学校に通う予定があるならすぐに学校探ししましょう!海外に行く準備でも書いてますが、トライアル授業を受けまくって納得のいく学校を見つけてくださいね。
私の場合は某語学学校を選んだのですが、少人数ですごく良かったです。学校初日には全く会話についていけませんでしたが、帰る頃にはちゃんと理解出来るようになりましたし、ディベート(というほど大げさな物ではなかったけど)でも自分の意見をはっきりと言えるようになりました。まぁ単語数はかなり少なめだったのですが(^_^;)
今思うに語学力が上がったわけではなくて(3ヶ月だもん当たり前)、「英語を話す」という事にちょっとだけ慣れて、恥ずかしさが無くなった・・・という事だと思います。
元気に授業を受けてた私ですが、先生に「私拒食症だったんです」というとひっくり返るほどにビックリされました(*^_^*)

ただ私の場合は「人と話がしたい!」という気持ちが強かったので、滞在していた3ヶ月は人生で一番勉強をしてました。
学校帰りはスタバや図書館に行き宿題をしつつ、周りの人が話している言葉を理解しようと耳を傾けてる毎日。(まぁ盗み聞きとも言いますが・・・・そしてほとんど分かりませんでした・・・・・・)
そしてそれが終わった後はカナダ人女性に家庭教師(チューター)をお願いして個人レッスン。
本当に勉強してたなぁ・・・・・・。
たまに「海外にいれば誰でも英語を話せるようになる」とか適当な事を言う人もいますが、それだけは絶対にありません。断言します。母国語以外を操る・・・という事は本当に難しく、勉強中は辛くなることも多いです。
そして私程度の語学力で帰ってきた場合は帰国後に勉強を続けないとすぐ忘れます・・・・・・・・・・。
まったくと言ってもいい程英語から遠ざかってしまった私の英語力はほぼ元通りになってしまいました。本当にもったいない〜〜〜!!


>>HOMEへ戻る  >>私のカナダ生活
【ホームページ作成講座】 | 本・漫画・DVD・アニメ・家電・ゲーム | Webコンサルティングサービス
業界NO1のライブチャット | 自宅でで学べる!CAD資格合格講座 | 20GB 無料のオンラインストレージ
★薬草の資格が取れる! ⇒ 【薬草ガーデン講座】 | 最新ニュース | Web検索 | ドメイン | 無料HPスペース